プロフィール

ルサンチマン伊丹

Author:ルサンチマン伊丹
田舎の工学部生。

音楽と寿司が好きです。
あとは普通です。

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

ブログランキング

気が向いたらクリックお願いします。

相互リンク

カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう私大は信用しない。

2012.04.22 15:04|日記
2月頃にR大のセンター利用落ちたから大量マークミス確定とか言ってたけど、開示したらミスってないことがわかった。前期受験前のあの絶望感はいったいなんだったんだ。

でもちょっと待てよ、自分より開示した点数が低かった友達は受かってたじゃないか。評定も同じ。出身校も同じ。もちろん出願したのは同じ学科で傾斜配点無し。

ちなみにR大ってのは世間的には難関私大で通ってる。

まあ私大は早慶以外はクソっていう2ちゃん的な価値観ではクソになってしまうけど、そんなエリートの話はここでは忘れよう。


それより何よりここ受かってるのがわかってたら国立後期がぶっちぎりで間違いないから、一般で受かった他の私大抑えるための30万近い大金を払わずに済んだのに。ほんとに悔しいというか腹立たしい。

こんなことが現実に起こるのだと思うと現役で受けた某大学の2点差で補欠不合格だったのも実は・・・・とか思えてくる。負け惜しみもたいがいにしろって話だけど(笑)


まあでもいくら理不尽な事態に巻き込まれたからと言って過去を振り返っても意味はなくて、今しなければいけないのは現実を見つめること。

そう、自分がど田舎の底辺国立大生ということから目を背けてはいけない。

一人暮らしがしたかったことに加えて、高校の教師も予備校の講師も早慶じゃないなら地方でも理系は国立の方がいいって言ってたのが決定打で家から通える私大を蹴ってここに来た。

だけどいざ入学してみると授業中に立ち歩いたり騒いだりする奴がいて最近辞めたいとまで思い始めてる。

真面目に授業受けろなんて全く思わないけど、せめて寝るとか携帯いじるとかして静かにできないものなのか。中には「○○とやりてえええええええ」なんて授業中に大声で言い出す再履修の上級生まで存在する。動物園かよここは。


話が脱線してしまった。

とりあえずR大まじファック。この恨みは棺桶まで持って行ってやる。

コメント

非公開コメント

話題のFX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。