プロフィール

ルサンチマン伊丹

Author:ルサンチマン伊丹
田舎の工学部生。

音楽と寿司が好きです。
あとは普通です。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログランキング

気が向いたらクリックお願いします。

相互リンク

カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録 その1

2012.06.09 02:31|読書記録
大学に入ってから自由な時間がたくさんできて好きな時に本を読めるようになった。

そこでせっかくだからこれからは自分が読んだ本を記録していこうと思う。そうすることでその本の内容がより頭に残るし、将来、ああこんな本読んでたなって振り返れるようにもなる。

それであんまりだらだら書いててもつまらないので、自分なりに超おおざっぱにその本の要約なり説明をして、ちょろっと感想を書こうと思う。

では記念すべき一冊目。


山竹伸二氏著 『「認められたい」の正体』


【要約・説明】
社会共通の価値観が多様化し崩壊してしまった近代社会。
人々はいっそう自由になったが、同時にどのような行動が周囲の承認を得られるかが不明確になってしまった。そんな「自由と承認の葛藤」を抱える現代人にヒントをくれる一冊。

【感想】
自由なはずなのに何かに縛られている気がしたり、他人の視線に神経質になってしまう原因が「他者に認められたい」という欲望によるものだとは考えたこともなかった。
認められたくて 認められたくて 震える 人間だもの。


さて次は何を読もうかな。

コメント

No title

この記事をもとに読書感想文書く奴がいると思うと胸熱やなwww

No title

こんな駄文が何かの役に立つならじゃんじゃん使ってくれればいいけど、今時はフリーの読書感想文サイトなるものがあるらしいぜ?www
非公開コメント

話題のFX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。