プロフィール

ルサンチマン伊丹

Author:ルサンチマン伊丹
田舎の工学部生。

音楽と寿司が好きです。
あとは普通です。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログランキング

気が向いたらクリックお願いします。

相互リンク

カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でだろうなあ

2013.09.21 03:06|日記
ついに必修科目を落としてしまった。
普通にテストいけたと思ったのに、どこがおかしかったんだろう。寝不足で計算ミスでも連発したのかな。今日その教授に成績開示お願いしに行ったら居なかったし、後期始まったら聞きに行ってこよう。
他の必修科目については秀3つ、優1つっていう自分で言うのもなんだけどめっちゃ好成績なんだよなあ。だからこそこの流れで不可はおかしいだろ…。
ちなみに選択は全部可(笑)相変わらず。

てか大学がおれの成績表紛失したらしくって、何か国立大学でもそういうところずさんなんだなーって思った。
実験のレポート出したのに未提出で呼び出し食らったし(それも別々の教授で2回も)、テスト受けてない科目なのに不可にされたり(言いに行ったら本来の不受になった)、もうめちゃくちゃだなあ。


出来ることなら大学辞めて引き篭って、必要最小限の人とだけ接して生きていきたい。
持病の難病も進行性で、あんまり長生きしても治療薬が開発されない限り自分が苦しむだけだし。
だから前に安倍総理が尊厳死のシステム構築に前向きだって話聞いた時には期待してしまった。終末医療だけじゃなくて、若くても不治の病患ってる人にも適応してくれれば…って。
働かずに50まで生きることは無理でも、30までなら出来ないこともない。自分のスペック的に結婚できるとも思わないし、独り身ならその辺まで生きれりゃ十分十分。まあその歳になったらまた考えも変わりそうだけど。

話がだいぶ逸れちゃったけど、たまにそんなことを思う。そんな法制度より医療の発展を祈るべきか(笑)

コメント

非公開コメント

話題のFX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。